フィルムカメラ修理・販売のオンラインショップ 

年末年始の休暇について

【2018年12月27日〜2019年1月6日】はお休みです。年内の商品の発送は【12月26日の13時】までにお支払いが確認できたものまでとなります。また、年内に完了できる修理依頼の受付は終了し、今後受け付ける依頼は来年以降に作業を行います。詳しくはお知らせ欄のリンクよりご確認をお願いします。

2017/02/12 12:00

レンジファインダーカメラがいくつか入荷しているので紹介します。

コニカのⅡBです。レンズはヘキサー50mm F3.5で、沈胴式になっています。露出計もないので全てがマニュアル操作ですがコンパクトにまとまっており、撮ると同時に使いこなす楽しみがあるカメラです。


Canon L2です。こちらはLマウント(ライカスクリューマウント)のレンズ交換式カメラです。キヤノンやニコンなどの日本のカメラメーカーは、一眼レフを作り始める前にドイツのライカやコンタックスを参考にレンジファインダーカメラを製造していました。キヤノンはどちらかというとライカ寄りなシルエットで、L2の場合はシャッタースピードダイヤルが2軸、タイマーはないもののファインダーは35mmと50mmのフレームセレクター付きです。ライカに比べるとかなり手の出しやすい価格ですが、決して造りが悪いわけではありません。またレンズの写りについても定評があります。


最後にミノルタ ハイマチックFを紹介します。レンズ固定式で自動露出の電子シャッターを搭載しているレンジファインダーカメラです。コニカC35を強烈に意識したボディデザインで、レンズは0.1だけ明るい(38mm F2.7)です。シンプルな操作、小さなボディで気軽に持ち歩けるところが特徴ですが、ファインダーの見やすさ、レンズの写りの良さはなかなか侮れません。


それぞれに特徴のあるカメラなので、自分の使い方に合わせて選んでいただけると思います。今後もいろいろなカメラを販売していきます。ブログとインスタグラムでも紹介していくので時々で良いので見ていただけると嬉しいです。


  • Home
  • About
  • Blog